米国株株価暴落時のSBIネット証券インフラは脆弱でエラー!!一方マネックスは問題なし。

ここ数日、株価の乱高下というか、暴落したと思いますが、私の使用しているネット証券のSBI証券がシステム不調です。特に、3月9日の夜ですが外貨建て商品の方でシステムエラーが頻発しました。お陰で、暴落時買おうとしていた米国株をあまり買えませんでした。起きたエラーはまず、住信SBIネット銀行から、SBI証券への米ドルの移動が出来なくなりました。これは問題で、銀行口座にせっかくある米ドルが証券売買に使用できないです。4回くらい試みましたが、画面がそもそもエラーで、白画面に英語でエラー表示が出るか、「システムメンテナンスかエラーです」みたいな日本語の表示が出るかで、資金移動出来ませんでした。また、個別株の米国ドル価格を見ようとしても画面が遷移しません、暫く立ってエラーがでるか時々長時間待たされたあとにようやく表示される感じです。全く遅く気持ちよく売買出来ませんでした。画面がとにかく素早く遷移しないのでストレスが溜まり、諦めて結局途中で寝てしましました。エンジニアではないので分かりませんが、おそらく想定を超えるアクセスがサーバーに集中したためエラーが生じたのではと思っています。ですので、相当多くの人がアクセスしたわけ、結局その人たちは、思い通りの売買出来なかったと推測できます。私はBuyサイドでの参加でしたので、私みたいな人が多くいれば、株価の下落がもう少し揺るやかだったかもしれないし、逆に、損切りで売りたい人も売り逃したとも思います。いずれにしろ、市場に参加出来ないこと自体が問題。最近ネット証券は手数料無料や格安な料金体系にしていますが、こういうエラーが起こると、「適度な手数料を取ってでもしっかりインフラを整備しろよ」と言いたくなりますね。SB証券Iにはエラーの原因を公表してもらいたいもの。一方、マネックス証券は通常通り使用できました。(口座残が無かったので売買はしませんでしたが、)その他の検索やリアルタイム株価の表示は全く問題なく使用できました。そのため、マネックスで株価を調べて、SBIで注文するという謎のオペレーションで安値で株価を少し拾った次第です。
日本株も米国株も、数週間で大体20%位は下がったと思いますので、狙っていた高配当株と応援したい会社の株をここ数日で合計250万円くらい買い増ししました。まだ底値かどうかは分かりませんが、揺るがないビジネスモデルの会社の株はさらに下がれば買い増ししようと思います。ドルも102円で50~60万相当のドルを購入しました。どこまで下がるのでしょうかね。早くコロナが収束して回復を待ちたいです。ワクチンが必要なのでしょうかね?オリンピックが延期になればさらに株が下がる可能性がありますね。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント